【”不遇”2期生からの不満爆発で内部対立?】白石麻衣ラストシングルで異例の選抜フォーメーション

【”不遇”2期生からの不満爆発で内部対立?】白石麻衣ラストシングルで異例の選抜フォーメーション

1月7日に卒業を発表した乃木坂46の白石麻衣。

彼女のグループ最後の活動となる25thシングルの選抜メンバーが「乃木坂工事中」(テレビ東京系)で発表された。

【衰退する乃木坂46に追い打ち】絶対的エース白石麻衣が卒業発表 ”ノースキャンダル”白石 衛藤に続く”卒業婚”あるか?

1期生全員が福神入り…異例のフォーメーション

乃木坂46では、卒業メンバーをセンターに据えることが通例となっており、勿論25thシングルのセンターも白石麻衣だ。

ところが今回のシングルの”卒業仕様”はそれだけではなかった。

■25thシングル選抜メンバー&フォーメーション
3列目:賀喜遥香、新内眞衣、山下美月、久保史緒里、堀未央奈、大園桃子、遠藤さくら、岩本蓮加、与田祐希、北野日奈子、梅澤美波
2列目:井上小百合、和田まあや、高山一実、秋元真夏、樋口日奈、中田花奈
1列目:齋藤飛鳥、生田絵梨花、白石麻衣、松村沙友理、星野みなみ
1、2列目=11福神

なんと、現役の1期生全員が福神入り。

中には、8thシングル以来2度目の選抜入りを果たした和田まあやや、25作目にして4度目の選抜入りとなる樋口日奈も含まれる。

1期生のエースとしてグループを支え続けてきた白石を華々しく見送るべく、万全の態勢が整えられている。

”不遇”2期生からは不満の表情…

一方で、度々”不遇”と評される2期生の、選抜発表時の表情がTwitterでは話題となっている。

先ほども触れた8thシングル以来の選抜入りを果たした1期生・和田まあやに対し、喜びの表情を示す同じく1期生の高山一実、星野みなみ。

ところが、その後ろに並ぶ2期生からは笑顔が一つとして見られなかった…。

グループ発足から間もない2013年に加入した2期生。今のように若手メンバーに”チャンス”を与える”余裕”が当時の乃木坂46にはなかった。

結果、2期生内の二極化は進み、選抜常連組の堀未央奈、新内眞衣、北野日奈子の一方で、残りメンバーは”アンダー常連組”として、立ち位置が明確化されてしまった。

特に3月いっぱいでの卒業を発表していた2期生・佐々木琴子の選抜落ちにはファンも憤慨。

また、度々2期生と対比されてきた3期生。グループが軌道に乗り始めた2016年に加入した3期生は加入当初から”猛プッシュ”されていた。

結果今作でも2期生の3名に対し、3期生からは4名が選択メンバー入りを果たしている。

”白石を見送る”という名目であれば、3期生ではなく2期生を優先すべきではないか、との声もTwitterでは多く見られた。

”白石麻衣ラストシングル”で売上V字回復なるか

また、ここ2作、売上枚数が下降傾向となっている乃木坂46。

とは言え、3作前は乃木坂46の”大エース”西野七瀬の卒業シングルである。

西野と”ダブルエース”として活動してきた白石麻衣の卒業シングルであるだけに、売上枚数の回復も期待される。

枚目シングル タイトル(/複数A面) 最高位 登場週数 累計売上(枚) 発売日
17 インフルエンサー 1 107 1,049,692 17.3.22
18 逃げ水 1 58 1,066,674 17.8.9
19 いつかできるから今日できる 1 54 1,106,920 17.10.11
20 シンクロニシティ 1 62 1,316,398 18.4.25
21 ジコチューで行こう! 1 40 1,329,384 18.8.15
22 帰り道は遠回りしたくなる 1 49 1,368,884 18.11.14
23 Sing Out! 1 29 1,200,745 19.5.29
24 夜明けまで強がらなくていい 1 16 1,182,930 19.9.4