【またもや安心安全7が脱退】NGT48高橋七実卒業であのメンバーとの確執はどうなった…

【またもや安心安全7が脱退】NGT48高橋七実卒業であのメンバーとの確執はどうなった…

2月2日に行われた劇場公演でNGT48メンバー高橋七実がグループでの活動を辞退することを発表した。3月末までの活動となる。

「私、高橋七実は、NGT48としての活動を辞退させていただくことになりました。応援していただいた皆さまには突然の発表となってしまいごめんなさい」と報告した。

 

NGT48公式HPより引用

 

 

”安心安全7人”のうちの1人だった

高橋は昨年5月に行われた山口真帆、菅原りこ、長谷川玲奈の卒業公演にゲストとして出演したメンバー7人のうちの1人だった。

高沢朋花と渡邉歩咲は6月に活動辞退、村雲颯香は7月に卒業している。そして高橋七実の活動辞退で、”安心安全7”は1期生3人だけとなった。

6月に2期生の渡邉、高沢が活動辞退してからは、研究生の中で唯一の”安心安全7”だった。しかし、チームのなかである確執が生まれていたのはファンや関係者のなかでは有名な話。

あるメンバーと確執が……

「誰とは公言しませんが、公演中にもかかわらず露骨に避けられているような態度を取られることをよく見かけてました。研究生メンバーの中で唯一の”安心安全7”の1人だった高橋さんはかなり肩身が狭かったと思います。あの態度を取られ続けよくここまで頑張ってこれたと思いますよ」(NGT48ファン)

 

モデル活動を目指しているという高橋。合宿に参加せず、TGCイベントを優先していたことが脱退表明の表れだったのか。