【衰退する乃木坂46に追い打ち】絶対的エース白石麻衣が卒業発表 ”ノースキャンダル”白石 衛藤に続く”卒業婚”あるか?

【衰退する乃木坂46に追い打ち】絶対的エース白石麻衣が卒業発表 ”ノースキャンダル”白石 衛藤に続く”卒業婚”あるか?

2020年1月7日、絶対的エースとしてこれまで乃木坂46を支え続けてきた白石麻衣が卒業を発表。

ファンの間では既に”まいやんロス”が始まる。

白石麻衣ですが、3月25日(水)に発売となる25thシングルの活動をもちまして、乃木坂46から卒業することになりました。
正式な卒業の日程等は、決まり次第お知らせさせていただきます。
乃木坂46での活動は残り数か月となりますが、引き続き白石麻衣の応援のほど、よろしくお願い致します。

乃木坂46公式HP

「2018年ごろから」考え始めた卒業…

白石は卒業を考え始めた時期、決断した時期を以下のように語っている。

2018年ごろから卒業を考え始め、最終的に決断したのは昨夏。9月発売のシングル「夜明けまで強がらなくてもいい」の活動時期だ。加入1年にも満たない4期生と一緒に活動し、後輩の急成長を実感。「外から乃木坂を見守っていきたいという気持ちが強くなった」と明らかにした。

引用元

結成当初からグループ随一の人気を誇り、早期から女性ファッション誌「Ray」のモデルなどソロ仕事をこなしてきた白石だが、シングルセンター回数は4回と意外に少ない。

特に卒業を考え始めた「2018年ごろ」からで言えば、2018年4月25日に発売した「シンクロニシティ」を最後にセンターの座を退いている。

白石の発言に鑑みれば、白石卒業へ向けた”下準備”は始まっていたことになるだろう。

シングル売上では衰退する乃木坂46 白石卒業後のV字回復は可能か

とは言え、白石の「後輩の急成長を実感」発言の裏には衰退する乃木坂の実情も存在する。

ミリオン売上を達成した17thシングル「インフルエンサー」以降の総売上枚数を以下に示す。

御覧の通り、22thシングル「帰り道は遠回りしたくなる」をピークに総売上枚数は衰退している。

枚目シングル タイトル(/複数A面) 最高位 登場週数 累計売上(枚) 発売日
17 インフルエンサー 1 107 1,049,692 17.3.22
18 逃げ水 1 58 1,066,674 17.8.9
19 いつかできるから今日できる 1 54 1,106,920 17.10.11
20 シンクロニシティ 1 62 1,316,398 18.4.25
21 ジコチューで行こう! 1 40 1,329,384 18.8.15
22 帰り道は遠回りしたくなる 1 49 1,368,884 18.11.14
23 Sing Out! 1 29 1,200,745 19.5.29
24 夜明けまで強がらなくていい 1 16 1,182,930 19.9.4

引用元

近年主力メンバーである西野七瀬らの卒業に苦しみながらも、世代交代が上手く進んでいなかった乃木坂46。

今回の白石の卒業を機に、世代交代は進むのか。

乃木坂46新キャプテンは本当に秋元真夏で良かったのか

”ノースキャンダル”白石「(恋愛は)全く考えていない」 ファンからは「むしろ恋愛して」

2019年2月のグループ卒業後、わずか1年弱という短い期間で交際から結婚までを果たし、ファンから反感を買った衛藤美彩。

【坂道ニュース】2019年乃木坂46”事件簿” 西野七瀬卒業…”きっかけ”は”文春砲”? 秋元真夏に試練の熱愛報道? 他

衛藤と同い年の白石にもあり得ない未来ではないだろう。

ところが白石は卒業後の恋愛自体を完全否定。

-卒業後は恋愛も

白石 全く考えていないです。「卒業したから恋愛解禁」という意識も、私は多分そんなに…。まず仕事を中心に充実できたらと思うので。卒業後もやっぱりちゃんといろんなところでお仕事ができる環境を作っていけたらと思います。

 

-とはいえ、理想の男性のタイプはありますか

白石 う~ん(笑い)。価値観が合う人がいいな、と思います。

引用元

ファンも恋愛否定発言に一安心…と思いきや、むしろ恋愛を推奨する声が多数見受けられる。

これも、スキャンダルが多かった乃木坂46にいながらも、8年間”ノースキャンダル”でグループの先頭を引っ張り続けてきた所以であろう。