【パフォーマンス後の失神再び?】欅坂46 平手友梨奈にセンターの資質はあるのか?紅白でのパフォーマンスに賛否両論

【パフォーマンス後の失神再び?】欅坂46 平手友梨奈にセンターの資質はあるのか?紅白でのパフォーマンスに賛否両論

2019年12月31日、欅坂46が第70回NHK紅白歌合戦に出演。2年ぶりに”あの”「不協和音」を披露した。

紅白史上最大の”事故”?メンバー3人が過呼吸に 2年前の「不協和音」

総合司会の内村光良を加えた形で披露した「不協和音」。

レッスンの甲斐あり見事なパフォーマンスを見せた欅坂46と内村であったが、センター平手を含むメンバー3名が過呼吸に。

歌唱中にふらつく平手に対し内村が「大丈夫?」と問いかける場面や、歌唱後の整列で後方メンバーが転倒、平手が痙攣しているなど、衝撃的な映像が放送されてしまった。

この難曲「不協和音」を同番組中で二度披露したことが原因と言われている。

何はともあれ欅坂メンバーが大事に至らなかったことが不幸中の幸いである。

リベンジ成功?欅坂ファンからは称賛の嵐 今年の「不協和音」

12月20日に歌唱曲が発表されて以降、”リベンジ”と取り上げられることが多かった欅坂46の「不協和音」。

見事、本番ではメンバーが一人も倒れることなく歌い切り、気迫のパフォーマンスを見せた欅坂46。

とりわけ、センターの平手友梨奈に対しては、”完全復活”など称賛の声が多く見られた。

メンバーに担がれながら舞台袖へ運ばれる平手友梨奈 ネットではセンターの資質を問う声

オンエア上では出番を無事に終えた欅坂46、実はオンエア後に”事故”は起きていた。

パフォーマンスで力を使い果たしたセンターの平手が、メンバー数人に担がれ舞台袖へ運ばれたとのこと。

一方、この二度目の”事故”に対し、”プロの資質”を問う厳しい意見が多数見受けられた。

今回も不幸中の幸い、平手の体調には問題がなかったとのこと。

所属レコード会社は、パフォーマンス後の平手の体調について「大丈夫です。全力を出し尽くしましたが、体調に問題ありません」と答えた。

引用元

 

今回取り上げた二度の”事故”、勿論平手本人にも責任はあるが、最も責任が重いのは運営サイドである。

過重労働やハラスメントが社会問題となる昨今、これ以上の”事故”が起きないよう、また何より”社員”であるメンバーの身に危険が及ばないよう、運営サイドには適切な対応が求められる。