NGT48荻野由佳のSRに早川支配人が登場で卒業メンバーを揶揄? 1年後の同時刻に襲撃ドッキリも?

NGT48荻野由佳のSRに早川支配人が登場で卒業メンバーを揶揄? 1年後の同時刻に襲撃ドッキリも?

前NGT48劇場支配人今村悦朗の後任、現NGT48劇場支配人の早川麻依子が発した言葉がSNS上で物議を醸している。

問題となっている発言は、12月10日にNGT48荻野由佳が配信していたSHOWROOM中に早川支配人が発したある一言だった。

事務所での配信は安心安全だから

 

”安心安全”という言葉は以前に山口真帆が信頼できるメンバーに対して使っていた言葉だった。それを早川支配人が揶揄したのではないか? と物議を醸している。さらに荻野の表情や間の取り方もその説に拍車をかけている。

 


早川支配人のこの言葉の真意は分からないがSNS上では批判の声が相次いでいる。

 

襲撃事件のちょうど1年後の同時刻に襲撃ドッキリ

山口真帆への暴行事件が起きたのが2018年12月8日21時頃。そのちょうど1年後、2019年12月8日21時47分に荻野がTwitterでアップした、中井りかに対するドッキリ動画にも批判が集まっていたばかりだった……。

これは1/365の偶然なのか? 荻野へ辛辣なコメントが