乃木坂46 握手会レーンへ監視カメラ導入 ”厄介ヲタ”対策は成功するか

乃木坂46 握手会レーンへ監視カメラ導入 ”厄介ヲタ”対策は成功するか

乃木坂46が次回の個別握手会から監視カメラを導入することを発表。

乃木坂46の握手会におきまして、メンバーのセキュリティ管理、並びにイベントの安全面を考慮し、各レーンに監視カメラを設置させて頂く事になりました。
※2019年11月24日(日)幕張メッセ個別握手会より実施させて頂きます。
皆さまのご理解、並びにご協力を賜ります様、宜しくお願い申し上げます。

乃木坂46運営委員会

乃木坂46公式より引用

ファンからは肯定的意見

所謂”厄介ヲタ”対策の一環としては多くのファンから肯定意見が見られる。

増え続ける”厄介ヲタ”…その実情とは

先日カギアケ!でも取り上げた以下の記事。このような”厄介ヲタ”は最近に限ったことではない。録音、暴言、飲酒…”厄介ヲタ”は増え続ける一方だ。

【乃木坂46】筒井あやめレーンにてファンによる録音が発覚→連行で出禁確定!?

【坂道ニュース】梅澤美波意味深モバメ 織田奈那卒業まで秒読み 高本彩花レーンで厄介ファン嘔吐【乃木坂46 欅坂46 日向坂46】

一部のファンからは新たな需要も

今回の監視カメラ導入、主目的は”メンバーのセキュリティ管理、並びにイベントの安全面を守ること”だ。一方この監視カメラ導入について、一部ファンからは新たな需要が巻き起こっている。