AKB48樋渡結依、太田奈緒……48G、年間卒業者最多更新中 NGT48暴行事件との関係性

AKB48樋渡結依、太田奈緒……48G、年間卒業者最多更新中 NGT48暴行事件との関係性

次世代エースが続々と卒業発表

11月7日、AKB48樋渡結依が11月28日の劇場公演をもってグループから卒業することを発表した。ドラフト2期生の樋渡は次世代を担うメンバーと期待されていただけにファンからは落胆の声も多い。樋渡は勉強との両立が厳しいため卒業を決めたという。

今年だけで71人のメンバーが卒業……

樋渡の卒業により48Gメンバーの2019年卒業者数は71名となり48Gの年間卒業者数が過去最多を更新している。樋渡以外にも矢作萌夏や太田夢莉など次世代の48Gを引っ張っていくメンバーたちが卒業を控えている。

2018年に48Gを卒業した人数は45人。今年は後1カ月を残して71人とその数約1.5倍にあたる。

 

(48ersより引用)

 

なぜ今年はこのような以上事態になっているのか。やはりNGT48の暴行事件が関係しているのだろうか。

その原因について48グループに詳しい芸能記者が話す。

NGT48暴行事件も関係

「すべてがNGT48の暴行事件が原因で今年のような大量卒業を招いているわけではないですが、まったく関係していないと言ったら嘘になります。NGT事件後のAKSの対応に”このグループに自分たちの娘を預けていいのか”と考えた親御さんも何人かいらっしゃったようです。

他メディア等ではあまり取り上げられていないですが、実はSTU48の卒業人数は割合的にすごく高いんです。そこにはSTU運営内部事情が大きく絡んでいます。もしかしたら近いうちに色々とSTUに関して公になることがあるかもしれません」

NGT事件でファンのみならずメンバー、保護者から失った信用を取り戻すことは容易なことではない。真っ白なグループになるにはまだまだ時間がかかるだろう。