夢みるアドレセンスからメンバーが大量卒業 口々に語る「悔しい」 その真相は

夢みるアドレセンスからメンバーが大量卒業 口々に語る「悔しい」 その真相は

11月1日、夢みるアドレセンス公式ホームページより、荻野可鈴・志田友美・小林れい・水無瀬ゆきら4メンバーのグループ卒業が発表された。(リンク

4メンバーは2019年末をもって卒業する。同時に、6人体制最後のワンマンライブ開催が発表された。

「夢みるアドレセンス ワンマンLIVE 2019」
日程:2019年12月20日(金)
時間:OPEN 18:00/START 19:00
会場:TSUTAYA O-EAST
東京都渋谷区道玄坂2-14-8-2F
https://shibuya-o.com/venues/tsutaya-o-east/
チケット料金:¥5,500(D代別/整理番号)
※公演概要:https://yumeado.com/contents/277058

<FCチケット受付期間>
夢みるアドレセンスFC先行
11月2日(土)20:00〜11月10日(日)23:59

メンバーからのコメント

公式で発表があった後、各卒業メンバーは自身のTwitterを更新。ファンへの「申し訳なさ」や自身の「悔しさ」を口々に語る。

ファンからは懐疑的な声

この4メンバーの卒業に対し、ファンからは懐疑的な声も挙がる。

夢アドPが語る卒業の真相

夢アドの元プロデューサーであり発起人でもある伊藤公法氏が自身の思いをNoteで発表。

彼女たちの所属事務所であるタンバリンさんから、僕を含めた運営スタッフの退任要請があったのは夏頃の話でした。

内容は、以降の運営を所属事務所の主導にするというものです。もちろん合意できる話ではありませんでしたが、夢アドは企画プロデューサーである僕と、権利者である所属事務所との両輪でここまで続けて来たものです。両者が別のことを言っていると、活動が止まったままになってしまう。それはできない。めちゃくちゃ悔しいですが、本日発表になった12月のLIVEまでで、僕は運営を離れることになりました。

そして、本日、メンバー4名の卒業発表がありました。

あたりまえですが、彼女達はファンの皆さんに残念な思いをさせたくないと、今も、強く思っています。卒業を決断した4名だけでなく、山口も山下も、上記を受けて、全員がそれぞれに大変な葛藤の末に選択をしたはずです。全員、まじでごめん。

所属事務所とは、目茶苦茶に揉めているということではなく、話し合いを重ねてきました。7年半前に僕に機会をくれたのは彼らです。(めちゃくちゃ言いたいことはたくさんありますが、)感謝しています。来年からは、グループの運営という形ではありませんが、6人それぞれの活動を僕なりにバックアップしていきます。今後のグループがどうなるか、僕はその展望を知り得ませんが、あたらしい夢アドが売れてくれることを最初の発起人として願っています。

ファンの皆様、敗者の弁的なクソダサいこと申し上げるつもりはありませんが、、、12/20観に来てください。

伊藤公法氏のNoteより引用(リンク