だらしないお腹に横綱待ったなし? 矢作萌夏に問われるアイドルの資質

だらしないお腹に横綱待ったなし? 矢作萌夏に問われるアイドルの資質

4年ぶりとなる単独全国ツアー

 

「AKB48全国ツアー2019~楽しいばかりがAKB!~」の埼玉公演が8月17日にウェスタ川越で行われた。AKB48単独全国ツアーを行うのは約4年ぶりとなる。

ファンにとってはツアー名通りに楽しく嬉しいものである。

 

この日の公演は13:00からチームA、18:00からチームKが行い両公演ともチケットは完売。また、同月20日にカルッツかわさきで行われるチームBとチーム4の公演もチケットは完売している。

坂道グループに押されNGTのスキャンダルで揺れるAKBグループだが、AKB48はアイドル業界のトップランナーだと認識させられた。

 

トップアイドルの体系管理

 

AKBクラスのトップアイドルにもなると体系に対するプロ意識は高く、そうでなければ生き残る事は出来ないという強い覚悟を持っている。

スクランブルエッグ編集長が8月18日にツイッターでの呟き(写真あり)からもアイドルがアイドルとして生きるために並々ならぬ努力をしている事が読み取れる。

 

 

矢作萌夏は自己管理が苦手なのか?

 

AKB48グループのライブにはスマートファンなどでの撮影が許されている通称「撮可タイム」がある。

ファンがツイッター上で公開している動画や写真の中で、アイドルにしてはたるんでしまったお腹で腹出し衣装を着ている矢作萌夏に目がいってしまった。

 

運営からの黒に近いグレーとはいえ、スキャンダルがあったにも関わらずサステナブルでセンターという運営ごり押し。

もちろん彼女は成長期であり、健康面を考えても無理なダイエットは身体に悪い。

しかし、天性の釣り師の反面、ファンからのヘイトを買うことが多い彼女だからこそ体系管理などプロとしての姿勢を見せるべきではないのか。

 

ツイッターの反応(動画あり)