坂道ファンが”今流れるアイドルグループ” 26時のマスカレイド

坂道ファンが”今流れるアイドルグループ” 26時のマスカレイド

女性アイドル業界の先頭をひた走る坂道グループ。乃木坂46は日本レコード大賞を2年連続で受賞。妹分の欅坂46、日向坂46もそれに迫る勢いを見せている。

グループの勢いが増す一方で、「どんどん握手券が買えなくなってきている…」と、坂道ファンからの不満を度々耳にする。

 

今回はそんな坂道ファンに対し、新たな現場としてあるアイドルグループをおすすめしたい。

それが26時のマスカレイドだ。

既に26時のマスカレイドの現場には、いわゆる”坂道流れ”と呼ばれる、元坂道ファンが多数存在している。

今回はそんな26時のマスカレイドについての紹介と、坂道ファンが流れる理由、坂道グループとの親和性についてお伝えしたい。

26時のマスカレイドとは

人気読者モデルが多数所属する事務所レキシントンと、プラチナムピクセルによる共同プロデュースのアイドルユニット。通称ニジマス。

「深夜2時(26時)の仮面舞踏会」をグループ名の由来とするニジマスは、2016年に読モBOYS&GIRLS×Zipperアイドルオーデイションで選抜された7人で結成(*1)。グループのコンセプトは”ファッション&エモーション”だ。

結成翌年の2017年8月にはTOKYO IDOL FESTIVAL2017メインステージ争奪戦で優勝、わずか結成9か月でTOKYO IDOL FESTIVAL(*2)メインステージに立つ等、異例のスピードで急成長を遂げてきた。

今年8月7日にはUNIVERSAL MUSICから1stミニアルバム「ちゅるサマ!」をリリース。待望のメジャーデビューを果たす。

*1:2名の脱退を経て、現在は5名で活動中。
*2:2010年より開始。毎年夏に行われる、日本最大規模のアイドルフェス。

 

坂道グループとニジマスの親和性

①グループイメージ(=清楚)

坂道グループといえば、”清楚”。そんなイメージを抱える方も多くいるのではないだろうか。

今回ご紹介するニジマスも同じく”清楚”なイメージを売りに活動を行う。

②ビジュアル

坂道グループの特徴と言えば、やはりそのビジュアルの高さであろう。モデルを務めるメンバーを多く抱える坂道グループは、女性人気も高く、メンバー個人でリリースする写真集も次々大ヒット。

そんな坂道ファンでも思わず「可愛い」と漏らしてしまうメンバーを揃えているのが26時のマスカレイドだ。

 

・吉井美優

誕生日 : 1999/3/2
ニックネーム : みぃにー
趣味 : ピンクの物集め
特技 : 歯笛・歌・変顔
Twitter : @nijimasu_miyu
Instagram : miyu_yoshii32

 

・来栖りん

誕生日 : 2000/11/8
ニックネーム : りんりん
趣味 : プラネタリウム巡り・水族館へ行くこと
特技 : 書道・絵を描くこと
Twitter : @nijimasu_rinrin
Instagram : ringring_rin

 

③楽曲

ニジマスの楽曲は、乃木坂46や日向坂46のような”爽やかさ”が特徴だ。今回はニジマスの中でも代表的な3曲をご紹介する。

 

・ちゅるサマ!

8月7日発売のメジャー1stミニアルバム「ちゅるサマ!」表題曲。作詞は事務所の先輩でもあるSILENT SIRENのすぅが手掛ける。 

 

・チャプチャパ

2018年7月7日にリリースしたシングル「チャプチャパ 」表題曲。

 

・ハートサングラス

2017年7月1日にリリースしたミニアルバム「ハートサングラス」表題曲。

 

今後の予定

少しでも気になった坂道ファンの方は是非現場に足を運んでみてほしい。きっとその魅力に気付いてくれるはずだ。

来週末(8/2-4)に開催されるTOKYO IDOL  FESTIVALにも出演予定の26時のマスカレイド。詳細スケジュールはTIF2019!26時のマスカレイド&まねきケチャの出演スケジュールを参照してほしい。

その他のスケジュールは公式サイトからチェックできる。