「地下アイドル」覇権を取るのはどこのグループか

「地下アイドル」覇権を取るのはどこのグループか

26時のマスカレイド

※公式ホームページより引用

 

楽曲★★★★

パフォーマンス★★★★

顔ランク★★★★★

接触対応★★★★

治安★

スキャンダル危険度★★★

 

読者モデルをアイドルとしてデビューさせているだけにメンバーの顔ランクはかなり高い。

エースである来栖りんはメイプルストーリーのCMに抜擢されるなど活躍の幅を広げさらなるブレイクを期待できる。

また、「ゼンキンセン」を筆頭に楽曲の満足度はかなり高い。

しかし、話題沸騰26時のマスカレイドが抱える懸念点 “最前管理“により無法地帯と化した現場26時のマスカレイド緩すぎる運営 リリイベで不正相次ぎメンバー涙するでも取り上げたように最善管理や不正といった問題が話題となっており、結果としてオタクが足を引っ張っている事実は少なからず存在する。

さらに、あくまで“噂レベル”ではあるが彼氏がいるのではないかと囁かれているメンバーもいる。

運営・メンバーの頑張りは必須として、スキャンダルが出なければこのまま逃げ切りは固いのではないか。

 

 

まねきケチャ

※公式ホームページより引用

 

楽曲★★★★★

パフォーマンス★★★

顔ランク★★★★★

接触対応★★★

治安★★★

スキャンダル危険度★★★★★

 

ツインテール協会を母体にdropの妹グループとしてデビューしたまねきケチャ。

結成当初から可愛いと話題になっており、「きみわずらい」という名曲も後押しし、アイドルオタクなら誰しもが知るグループへと成長した。

しかし、藤川千愛とプロデューサー古谷完の恋愛疑惑(この報道が原因かは不明だが藤川はその後グループから脱退)や松下玲緒菜の未成年飲酒(宮内凛も同席の合コン)、中川美憂とkoma‘nの疑惑等のスキャンダルネタが多い。

また、こちらもあくまで“噂レベル”ではあるが、男性関係を怪しまれる(なかば諦められている?)メンバーもいる。

かつての地下アイドルNo,1グループもオタクに“ガチ恋”が多いだけにメンバーの意識を変えなければ覇権を掴む事は難しいだろう。

 

 

わーすた

※わーすた公式ブログより引用

 

楽曲★★★★

パフォーマンス★★★★★

顔ランク★★★

接触対応★★★★

治安★★★★★

スキャンダル危険度★★

 

エイベックスの「iDOL Street」デビュー候補生から選抜されたグループ。

SUPER☆GiRLS、Cheeky Parade、GEMに次ぐエイベックス発のアイドルとしてデビュー時から話題を集め、スマホのみ公演中の撮影可能としてオタクに画像や動画を拡散させる等ブランディングがうまい。

「うるとらみらくるくるふぁいなるアルティメットチョコびーむ」「いぬねこ。青春真っ盛り」といったライブ人気の高い曲にも恵まれ、三品瑠香の歌唱力も魅力的である。

おそらく事務所の方針で他の地下アイドルに比べイベント数が少なく、接触にかかる費用などが覇権を握る足枷になっている。

また、過去に目立ったスキャンダルもなく、ライブ中も揉め事が起こる事も少ないが7月4日にエイベックス・マネジメントからメンバー・ゲストに危害を加える内容の殺害予告が投稿されたとして同月13日に予定していた「mu-moショップ スペシャルイベント」を中止する発表がされた。

 

 

26時のマスカレイド、まねきケチャ、わーすたの3組は8月2日~4日に行われる「TOKYO IDOL FESTIVAL」への出演も決まっている。

※わーすたのみ2日、4日の出演のみである

メンバー間での交流は良好のようだが、各運営陣の冷戦は始まっているのではないか。

 

※TIFでは毎年のように暴力事件や揉め事が話題となっております。参加される方はご注意ください。