ポロリしても歌い続けるプロ根性 元KARAのハラ 自殺未遂から復帰

ポロリしても歌い続けるプロ根性 元KARAのハラ 自殺未遂から復帰

先月5月26日、自殺未遂で病院に搬送された韓国の女性アイドルグループKARAの元メンバー、ハラ(28)が今月6月26日、生放送の音楽番組「テレ東音楽祭2019」(テレビ東京)に出演。KARAの大ヒット曲「ミスター」を、女性7人組ダンスボーカルグループChuning Candyと共に披露した。

 

騒動後初のテレビ出演 自身の近況について語る

トークコーナーで、司会を務めるTOKIO国分太一にこう投げかけられる。

「ちょっと日本中の皆さんが心配したところもありましたけど、大丈夫ですか」

 

これに対し、ハラは自身の回復をアピールすると共に、今後の活動についてもこう触れた。

「ご覧のとおり、ハラはものすごく元気です」

「これから歌手として一生懸命活動したいと思いますが、応援よろしくお願いします」

 

これに対し、ネット上のファンからは応援の声が多く挙がった。

 

歌唱中にまさかのポロリ 歌い続けるプロ根性

そんなハラにまさかの出来事が。歌唱中に衣装がずり落ちてしまい、胸の部分の下着が露出する”ポロリ”のアクシデント。ヌーブラを着用していた為、放送事故は免れたものの、振り付け上衣装を直すことができず、数十秒にわたり胸元をあらわにし続けることとなってしまった。
そんなアクシデントにも負けず、最後までキレのあるダンスを披露し、見事なプロ根性で乗り切ったハラに対し称賛の声が挙がった。

 

脇に傷跡が!? その真相とは

一方で、ハラの脇の下に「#」のような傷跡が見えたことが、ネット上のファンの間では話題となっている。一部ファンの間では豊胸の跡ではないかとも推測されている。